映像を活かそう

大きい文字がおすすめ

どのような映像でも、テロップが必ず必要になります。
例えば商品を説明するために作る映像でも、商品名や価格などはテロップにした方がお客さんに伝わりやすくなります。
口頭で喋るだけでは、お客さんが聞き逃す可能性があります。
テロップにすれば、聞き逃しても正しい情報が伝わるので安心ですね。

ですが小さい文字は見にくいので、大きい文字を使用することを心がけてください。
映像を見る年齢層によっては、小さい文字が見えにくいこともあります。
誰でも内容を理解できる映像を作るためには、大きい文字でテロップを入れることが重要です。
特に年齢層が上の人は、細かい文字を読むのが苦手な傾向があります。
映像制作をする時は、それを忘れないでください。

簡潔に伝えよう

お客さんに伝えたいことがたくさんあっても、全てを文章にすると読むのが大変になります。
映像の中で流れる画像を見ながらさらにテロップを読むというのは、意外に疲れる行為です。
短く文章をまとめることで、画像を邪魔しません。
テロップの文章を考える時は、簡潔にすることを心がけてください。

できればテロップは1文で済ませてください。
文字数は、20文字以下が良いと言われています、
それ以上の長さになると、疲れて読む気が無くなります。
文章をまとめることが苦手な人にとっては、少し難しいかもしれませんね。
何をお客さんに最も伝えたいのか考えることで、文章を短くできます。
まずは箇条書きで良いので、伝えたいことを描き出してみましょう。


B!